宮崎作品を懐かしく想い出し…

a0002405_1525225.jpg 私がアニメに影響を受けた最初の作品はあの「アタックNO.1」、暫く自分は”鮎原こずえ”だと信じていたくらいで・・・。もちろん、2歳半からバレーボールの真似事も始めていましたね。

 そんな私にも、子供の頃観た忘れられないとびきりのアニメ作品があったの。NHKで母と弟と三人で観ていた「未来少年コナン」と、映画「ルパン三世・カリオストロの城」。沢山のアニメ作品の中でもいつまでも心に焼きついていた作品だったわ。(アニメのキャラクターでは”コナン”と”ルパン”を足して2で割った人が私の理想の男性像!)

a0002405_155618.jpg そんな気持ちを胸に時は過ぎ、今や世界の”宮崎アニメ”となった映画作品の数々が世に出ていたけれど、私は「魔女の宅急便」しか観た事がなかったの。その後、「コナン」も「ルパン」も宮崎駿さんの作品と知り、子供の頃観ていたアニメの中に彼の手がけた作品がとても多い事に改めて驚いたわ。

 私も母となり、旦那様も宮崎作品のファンという事もあり、娘と楽しむ宮崎作品は日に日に増えているの。中でも最近BSで、彼の初期の作品で「となりのトトロ」の原点と言われる「パンダコパンダ」シリーズを放送していて、キャラクター達の動きや表情があの「ド根性ガエル」に似ているように感じたの。劇中でもひろしや京子ちゃん、ルパンや次元のキャラがちらっと出ていたりと、同じ系列の作品だったのかしら?アニメは詳しくない私ですが、とっても楽しい発見でしたね。

 宮崎映画で好きなのは「魔女の宅急便」、「となりのトトロ」、「耳をすませば」(娘は「耳をすますま」と言います)、そして原点の「カリオストロの城」、TVでは、「アルプスの少女ハイジ」、「母をたずねて三千里」、「未来少年コナン」かな。今観ても大人が十分楽しめるしっかりとしたストーリーと、絵の素晴らしさ(絵コンテだけでも十分に映画が出来そう)、宮崎さんの作品作りが今も昔も変わることなく丁寧に行われている証拠なのだと感じましたね。

 独特な発想と、素晴らしい感性の持ち主の宮崎氏の作った”ジブリ美術館”にも楽しさが沢山詰まっているようで、いつかは訪れてみたい場所のひとつだわ。

ジブリスタッフの日誌を読むと、宮崎氏の日常もちょっぴり垣間見られて楽しそうです。でもスタッフの方々はかなり苦労されているようですね。
[PR]

by suama | 2004-08-31 01:56 | ノスタルジック