俳優だった大統領 ロナルド・レーガン

a0002405_02544.jpg 6月5日、第40代米大統領ロナルド・レーガン氏が93歳で天国に召されましたね。

 皆さんもご存知の通り彼は1937年映画デビューをした俳優でもありましたが、作品の出来はというとさっぱりだった様で…。私も実は彼の出演作品はダイジェストで登場シーンを何本か観ただけで、1本もまともに作品を観たことがないのです!

 彼はデビューして間もなく1940年に女優のジェーン・ワイマンと結婚しています。彼女は彼と違って代表作は何本もあり、私が観たものでは、グレゴリー・ペックさんの妻を演じた私のお気に入りの作品「子鹿物語」(1947)、ビリー・ワイルダー監督「失われた週末」(1945)、ヒッチコック監督「舞台恐怖症」(1950)など。もし、彼女の作品を観ていなければ、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)でドグとマーフィーの会話を思い出せばわかるかもしれないわね!
マーフィーが1955年にタイムスリップしてドグに会いに行く場面。
D「今の大統領は誰だ?」
M「ロナルド・レーガン」
D「ロナルド・レーガン!?じゃー、ファーストレディはジェーン・ワイマンか!?」
でも、厳密に言えばこの年にはもうすでにナンシー夫人と再婚しているのですけれどね、まー映画の中のユーモアとして楽しい一場面です!!確認してみて下さいね!

 レーガン出演作品は日本では未公開が多く、俳優としての彼の魅力はあまり知られていませんが、私は大統領になってからのやさしい笑顔の方がずっと心に残っていますね。

 第二の人生で素晴らしい華を咲かせたレーガンさんに「お疲れ様でした」。
[PR]

by suama | 2004-06-07 00:26 | 映画俳優