ミーハーだった頃の私って・・・。その1

 誰にでも、ちょっぴりミーハーになってしまった頃ってあるのではないかしら・・・。まだ、グレゴリー・ペックさんや、ダニー・ケイの存在すら知らなかった10代の頃、日曜日夜10時半から毎週観ていた「パトカーアダム30」(1985米)、この番組でのロマーノ巡査役のエイドリアン・ズメッドに一時期かなりお熱を上げていた私・・・。
 
a0002405_2162041.jpg 本国では1982年から始まった「スタートレック」シリーズのカーク船長役でお馴染みのウィリアム・シャトナーが主人公の警察学校物語(原題は「T.J.HOOKER」)。どんな作品だったかしら?って今思い出せないけれど、当時若手俳優だった、エイドリアン・ズメッドに夢中だった事はよく覚えているの。彼をご存知の方っていらっしゃるかどうか・・・なのですが、私は別にすごいマッチョ好きなのではないのよ!(制服に隠れてわからないけれど、彼は顔に似合わず超逆三のマッチョマンです!)
 その頃にはもう我家にはVIDEOデッキはあったので、TVの音をカセットに吹き込むなんてすごく懐かしいことはしていなかったけれど、TV画面を写真に撮りたくてカメラを三脚にセットしてシャッターチャンスを狙っていた事はあったわ!今思うとすごく恥ずかしい・・・☆
 
 この番組が人気になると、映画雑誌で少しづつ特集ページが増え、エイドリアンの情報もわかってきたの。現代みたいにインターネットがあればな~なんて今思ったけれど、情報不足のそんな時代も夢があって良かったのかもしれないわね!そして、その数少ない情報から彼の過去の映画作品を見つけて、レンタルVIDEO屋さんへ。まずレンタルした作品は、「バチェラー・パーティー」(1984米)。トム・ハンクスが主演の作品だったけれど、題名の通りの展開であまり感心できず・・・だったわ(観た方いらっしゃるかしら?)。
 そして今度は気を取り直して、上映館で彼の過去の作品をチェック。「グリース2」(1982米)という映画が場末の劇場で3本立ての1本として上映されていると知ると、いてもたってもいられず・・・。でも訪れた事のない街に未成年の私が・・・と思ったので、ここはいつもの頼みの綱、我が父Daddyさんの登場となったのですが・・・。  つづく
[PR]

by suama | 2004-11-16 02:17 | 映画俳優