「ほっ」と。キャンペーン

「疑惑の影」 の主役、素敵な物腰のジョセフ・コットン

ご挨拶がおくれました。
実は昨日の投稿は5年前にまとめたもので、今読み返してみるとちょっとはずかしいような、、、

 数ある出演作品の中でも「悪役」と呼ばれるのを演じたのを見たのはまだこの作品しかないので、他に彼が悪役を演じている作品を知っている方、ぜひおしえていただきたいわ。

 この作品の撮影中のエピソードをヒッチコックの娘のパトリシアさんが
「彼はとてもエレガントな人だったわ」と語っていたのを聞いて、やっぱり私の思っていたとおりの人だったのねって胸がキュンとしちゃった。
[PR]

# by suama | 2004-02-07 01:36 | アルフレッド・ヒッチコック

「疑惑の影」 SHADOW OF DOUBT

a0002405_15029.jpg「監督」

アルフレッド・ヒッチコック

「出演」

ジョセフ・コットン (チャーリー・オークリー)
テレサ・ライト (チャーリー・ニュートン)
マクドナルド・ケリー (ジャック・グレアム)
ヘンリー・トラバース (ジョセフ・ニュートン) ほか 

「あらすじ」

カリフォルニアのサンタローザの姉の家族の元に、チャーリー叔父さんが帰ってくる。叔父さんの名前をもらった姪のチャーリーは、帰ってきてほしいと叔父に電報を打った矢先の出来事に、まるでテレパシーが通じたのだと感激する。チャーリーは叔父との毎日に喜びを感じているが、ある日二人づれの刑事が現れ、叔父にかけられているという未亡人殺人容疑の事実を知らされてしまう。・・・

「SUAMAのひとこと」

私の超オススメの一本といっていいかもしれない。
出演のジョセフ・コットン、テレサ・ライトは、本当に素敵。ジョセフ・コットンってどちらかというと、良心的な役が多いのにこの正反対役の彼は、目の輝きも、物腰もまるで別の人を見ているよう。でも、大好きな彼だからこそそんな役も、貴重なところかな。

テレサ・ライトは、古き良きアメリカを感じさせてくれるそんな清純な女性。上品なヒールの靴(当時はみんなこんな感じでした)に、ミディアムのカールの黒髪、そして歩いている姿がとても颯爽としているの。

脇を固める俳優さんも個性的で、ヘンリー・トラバースは「セント・メリーの鐘」や、「ミニヴァー夫人」(この作品でもテレサ・ライトと共演)に出演されている良きおじさま。
ほかにも、ジェシカ・タンディのだんなさまのヒューム・クローニンも「救命艇」の前年にこの作品に出演している。

あまり書いてしまうとつまらないので、是非ヒッチコックファンでなくとも、観ていただきたいですね。
[PR]

# by suama | 2004-02-06 01:51 | アルフレッド・ヒッチコック