「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

青春しちゃってました 「St. Elmo's Fire」

a0002405_2141989.jpg 誰にでも自分と共感しながら観ていた青春TVや映画があると思うの。私の好きな映画は古すぎてタイムリーな作品とは呼べないし、TVドラマは「金八先生」を少し観ていたくらいでこれといって当てはまりそうなものはないの・・・。でも自分より少し年上の登場人物が出ていたけれど「セント・エルモス・ファイアー」(1985)は私にとって今でも懐かしい思い出の作品、これが私の青春・ストーリーになるかもしれないわ。

 ワシントンのジョージタウン大卒後の7人の男女が社会に飛び出し、苦悩と挫折、そして変わらない友情を誓い合い成長してゆく姿を描いた青春映画。弁護士の卵カービーにエミリオ・エステベス(1962)、ミュージシャンの卵ビリーにロブ・ロウ(1964)、ジャーナリストの卵ケヴィンにアンドリュー・マッカーシー(1962)、政治家を志す優等生アレックにジャド・ネルソン(1959)。女性陣は大手銀行のOLジュールスにデミー・ムーア(1962)、アレックと同棲中のレズリーにアリー・シーディ(1962)、福祉活動に忙しい金持ちのお嬢様ウェンディにメア・ウィニンガム(1959)とよくこんなに同世代の個性的な役者さんを集められたなぁと今見ると思いますね。そしてカービーが思いを寄せる大学の先輩女医デイルにアンディ・マクダウェル(1958)も登場します。(その他ウェンディの父親役にマーティン・バルサム(1919~96)、ジュールスのお隣さんのオカマちゃんに「ビバヒル」のデヴィッドのお父さん役の俳優さんも登場しています。)

 7人の悩み多き姿が私のこれからの未知の社会に希望と不安を残しつつ・・・でも沢山のことにぶつかることの素晴らしさを教えてくれた、それが作品に惹かれたひとつかもしれないわ。この7人の個性は様々(はちゃめちゃでもあるけれど!)で、社会に出て友情が壊れそうになるけれど、皆ぶち当たる壁は違っても不安な気持ちは同じ、固く結ばれたそんな姿がとても羨ましく思えましたね。(確かこの作品公開後何年かして日本でも似たようなTVドラマが作られましたよね。渋谷駅に貼ってあったポスターを見てちょっと幻滅した記憶があるのですが・・・)この7人では、ビリーとウェンディの淡い恋が良かったな。ビリーとジュールスも良かったし、でも大半はケヴィンの一途な恋に女性のハートは集まったみたいだけれど・・・!

a0002405_21413253.jpg そしてもうひとつ魅力は当時”記憶喪失の歌手”などと言われていた!? John Parr 歌うテーマ曲「Man In Motion」。このVIDEOクリップには7人も彼と一緒に登場していて、当時このVIDEOクリップで映画をすごく観たくなってしまったの。今でもCDでイントロ♪を聴くと鳥肌が立つほど懐かしさがこみ上げて来てしまうわ。そしてDevid Foster(当時彼の音楽は大人気で「摩天楼はバラ色に」(1986)も大好き)の音楽に彩られ、移り変わる街並みと共に彼らの青春もとてもよく描かれていましたね。
 
 St. Elmo's Fire・・・「白鯨」(1956)の中にこの発光現象が描かれています。彼らもこの灯をいつも探しながら大きく成長していくのでしょうね。私もすっかり成長してしまいましたが、今またこの作品を観たら、心に何が残るのかしら・・・。

 皆さんにも青春映画はありますか?
[PR]

by suama | 2005-04-23 22:02 | '80s ムービー

追悼 グレースと共に眠る小さなお国の主様

a0002405_18182565.jpg 先日4月2日、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世(84)が亡くなり、その4日後ヴァチカン市国に次ぐ世界で2番目に小さな独立国モナコ公国のレーニエ3世公(1923~2005)も天国に旅立たれました。1949年からの長い長い在位でした。

 私が度々ブログでも取り上げているグレース・ケリーとは‘世紀の恋‘で1956年に夫婦となり、長女カロリーヌ(48)、長男アルベール(47)、次女ステファニー(40)の三人のお子さんを授かりました。王女二人は素行に問題があった頃もありましたが、グレースの交通事故死(1982)以来、きょうだい三人は残されたレーニエ大公と共にモナコ公国を支え、今やっと大公も安心してグレースの元へ旅立って行けたのではと思いますね。

 モナコ公国(フランス東部地中海沿岸に位置する皇居の二倍程の小さな独立国)・・・グレースが嫁いだ頃(昭和31年)は、日本でこの国の名前を聞くと「もなか?」と聞き違えた人がいたとかいないとか・・・。私が古き良き映画が好きになりグレースに夢中になっていた頃は、旅行パンフレットの地図にもまだモナコの名前などなく、ちょうどF1が物凄い人気となった90年代初めにやっとモナコの名前も聞かれる様になりましたね。そして今や、日本人も多く住む小国。

 カジノからバレエ、F1と様々な観光目的でこの小国を訪れる方はいますが、グレースが嫁ぐ前のモナコは国の財政は悪化、仏への吸収合併も危ぶまれるほど窮地に立たされていましたね。しかし米の大女優との結婚で国は持ちなおし、その後の人気は増すばかりという国になりました。

a0002405_1816391.jpg 今もF1サーキットの中で最も愛され続けるモナコの市街地。今年のGP(5月22日開催予定)での表彰台にもうレーニエ大公のお姿は見られないのですね。グレースとの出会いがなければ私が大公様の愛したモナコにこれほどまでに憧れを抱く事はなかったことでしょう。これからはモナコ大聖堂地下墓地でグレースと二人仲睦まじくいつまでも寄り添っていてほしいですね。

 いつか私もモナコを訪れる事が出来たら、大聖堂に足を運びたいですね。そして、グレースの愛したバラの香りを感じながら・・・。
[PR]

by suama | 2005-04-20 18:27 | ノスタルジック

似てないかしら? リチャード・ギア

a0002405_0292230.jpg 4月23日から公開になる「Shall we Dance?」、映画の宣伝や主人公演じるリチャード・ギア(1949~)出演の某CMなどを最近よく目にする様になりましたね。歳を重ね髪の色も白くなったギア氏を見ながら「最近彼がダニー・ケイ(1913~87)に似て見える時があるの・・・」と思ってしまう今日この頃なのです。(以前は野球の星野仙一(1947~)さんと雰囲気!?がダブっていた私です。)
 
a0002405_031537.jpg もともと私のタイプではなかったリチャード・ギア。大ヒット映画「プリティ・ウーマン」(1990)を観てもいまいち乗りきれなかった私(作品は大好きですよ!)。でも「Shall we Dance?」には並々ならね興味がわいているのは・・・決して彼がダニーに似て見えるからだけではないようです。
 
 91年公開の黒澤明監督作品の「8月の狂詩曲(ラプソディー)」にゲスト出演していたリチャード・ギアを観て以来、彼とは映画館ではお会いしていないので、もう随分ご無沙汰していますよね。でも96年に日本で大ヒットした映画のリメイク版とはいえ、個性的なキャスト、何よりリチャード・ギアの磨き上げられたダンスシーンを観られるのであれば期待十分、どんな作品に仕上がっているのかワクワクしているところなのです!先日も映画宣伝を観て私が「この映画観たいな・・・」と言ったら、なんと旦那様もかなり楽しみにしている様で、ちょっぴり意外でしたが嬉しくなってしまいました☆ (たぶん「アビエイター」同様TV放映を待つパターンになりそうなのですが・・・(涙))

 リチャード・ギアは、年齢を重ねて行くうちに私が好感を抱く様になった数少ない方かもしれません。今まで数えるほどしか彼の作品を観ていませんでしたが(というよい観なかったのかもしれませんが)、彼の丸みの出てきた優しい雰囲気を探しつつ、これからは彼の作品をさかのぼって観ていくのも楽しみのひとつになりそうですね!

 これからスクリーンで、どんなリチャード・ギアに会えるのかしら?(願わくばコメディを観てみたいわ)大好きなダニーの軽やかなダンスシーン、リチャード・ギアのダンスも私のお気に入りになるかしら?
[PR]

by suama | 2005-04-19 00:42 | 映画俳優

俺は‘ねずみ小僧次郎吉‘だ!松山英太郎

a0002405_1816646.jpg 先日、夢になぜか俳優の松山英太郎さん(1942~91)似の少年が3人登場!夢の中だというのに、彼をブログに書こうと元気に宣言していた私でした(笑)。

 松山さんを初めて観たのは、‘遠山の金さん‘が主人公の時代劇「江戸を斬る」。もともと私の知っている時代劇と言えば、NHK大河ドラマか「桃太郎侍」「必殺シリーズ」(しかも三田村邦彦、京本正樹氏の出ていたシリーズのみ)くらいで、天下の「水戸黄門」等は放送日さえ知らなかった超‘時代劇音痴‘。それが偶然観た時代劇のゲストに懐かしい顔があり、それから「ちょっと時代劇って面白いかも?」と思ったのか、夕方再放送をしていた番組を録画し、会社から帰宅すると‘新鮮な刺激に包まれ‘、ワクワクしながら観ていましたね。そして江戸物の本を読んでみたりと、人々の生活ぶりにも興味が出てきて、暫くは時代劇ムードたっぷりの生活をしていましたよ!
 
a0002405_18142757.jpg 「江戸を斬る」は3シーズン目からの放送を観て、ハマってしまいましたね。後に沢山ある遠山金四郎を主人公にしたドラマの役者陣を知りましたが、西郷輝彦さんの‘金さん‘は嫌味がなく(私は松方氏が超苦手)‘おゆき‘(紫頭巾)こと松坂慶子さんとのカップルも「絵になるわ~」と思って観ていました。でも、絵になる二人だけではこのドラマも味気なし!なんといっても、‘ねずみ小僧次郎吉‘を演じた松山英太郎さんがいてこそ、お江戸ハ百八町、夜のスリルが伝わって面白さが倍増するのよ!と勝手に盛り上がっていましたね!(そうそう、「魚政」のおかみさんの迫力やジュディ・オングの歌手以外の顔もなかなかでしたね。関口宏さんの息子役の子も賢こそうで可愛いかったです。そういえば、何年か前に彼が何処かの宝飾店で店長をしているという番組をちらっと観た事がありました。すっかり青年になっておりました。)
 
 「大岡越前」では昼は小料理屋の主人、夜はお奉行様の影の使者(なのかしら?)の顔を持つ‘猿の三次‘を演じていましたが、こちらは「江戸を斬る」より少しお行儀の良いドラマだった様ですね。でもどちらの作品も、‘おやま‘を父(河原崎国太郎氏)に持つ松山さんだけあって、着物の立ち居振舞いのなんと美しいこと!!着物の裾からちらっと覗く細い足も、身のこなしの軽さも観ていて爽快でしたね!‘義賊‘と呼ぶのですよね?そういう役どころが何とも似合う方でした。(そういえば、私は松山さんの現代劇を観た事がないのですが、どういう雰囲気だったのでしょう?)

 10数年前、あんなにはまっていた時代劇、最近の作品は着物の着方ひとつ‘様‘にならない役者さんが演じている様に思えて、観る事がなくなりました。お座敷での作法から、歩き方、着物の着こなしにいたるまで、観ている私達を楽しませてくれる役者さんは数少なくなってしまいましたね・・・。(マツケン、サンバ~♪)
 江戸の夜の町に颯爽と現れる松山さんの‘次郎吉‘、私の前にもう一度現われてくれないかしら・・・。
[PR]

by suama | 2005-04-15 18:29 | 映画俳優

観たいけどお預け 「アビエイター」

a0002405_21312260.jpg 「ビヨンドtheシー」は一人で映画館へ行ったけれど、「アビエイター」は旦那様と二人で観たいの。でも暫くお預けになりそうな予感。ということで、レオナルド・ディカプリオ演じたハワード・ヒューズをはじめ古き良きスターを織り交ぜて語ってみようかしら。
 
 ‘大富豪‘であり‘映画界の大プロデューサー‘であり‘飛行家‘であったハワード・ヒューズ(1905~76)。私の彼との出会いは、やはり映画だったかしら・・・。その後物凄いお金持ちであることを知り、晩年は細菌感染を恐れるため限られた人としか会わなくなり、その容姿は物凄いものになっていたと聞いた事がありましたね。そういえばそんな病気になる前に結婚した3番目の奥様は以前ブログでも紹介したことのあるジーン・ピータースでした。(71年離婚)ディカプリオがあの若さでどんなヒューズ像を見せてくれるのか楽しみなところです(眉間に‘しわ‘入っていましたね)。

a0002405_21261748.jpg そして、なんといっても私が楽しみにしているのが二大女優の登場!芯の通った意思の強い女性、でも素顔はチャーミングで忘れることの出来ないあの笑顔の持ち主のキャサリン・ヘプバーン(1909~2003)に、本年度アカデミー助演女優賞に輝いたケイト・ブランシェット。そして、天下の美女エリザベス・テイラーも「自分より美しい女性」と語ったほど、妖艶さときつさが魅力のエヴァ・ガードナー(1922~90)に、ケイト・ベッキンセールが演じましたね。
 映画の宣伝で少しだけブランシェットのキャサリンを観ましたが、キャサリンのあの独特の声のトーンに話し方・・・凄いですね、そっくりでした!物まねを意識しているというより、あの伝説の大女優を演じることへのプレッシャーと喜びが入り混じって、あんなに素晴らしい演技へと結びついたのかしら・・・と思えましたね。
 
a0002405_21263719.jpg その他にもプラチナ・ブロンドのジーン・ハーロウや、ジュード・ロウ演じるエロール・フリンなども登場する様ですね。私にはワクワクして観られそうな作品になりそうなのですが、恐らくTV放映を待つことになると思うので・・・観に行かれた方の感想をお聞きしたいですね!
 
 それにしても、映画界の大プロデューサ-だったとはいえ、ハワード・ヒューズがあんなに沢山の女優さんと関わっていたとは知りませんでしたね、もちろんキャサリンや、エヴァの事も。登場している方たちは、天国からビックリしてこの作品を観ているのかしら・・・。
[PR]

by suama | 2005-04-12 21:41 | 最新映画

お久しぶり!サントラCD「五つの銅貨」

a0002405_18235133.jpg 16~7年前になるかしら?渋谷で「五つの銅貨」(1959)のサントラLPを見つけたのは。レコードプレイヤーなんて何年も使ってなかったけれど、このLPは絶対ほしかったので購入。その後プレイヤーを手放してしまい、暫くこの音楽とも泣く泣くさよなら・・・。でも先日このサントラ盤がCDになっているのを知り‘久々のご対面!‘で現在私のNew・コンポから、音楽が流れています♪
 
 主人公レッド・ニコルズ(1905~65)を演じているのはご存知ダニー・ケイ(1913~87)、ダニーが演奏するコルネットは全てレッド本人の演奏。妻ボビーを演じたバーバラ・ベル・ゲデス(1921or22~)の歌声はアイリーン・ウィルスンが吹き替えているそうです(初めて知りました)。ルイ・アームストロング(1901~71)は彼自身の役で登場、ダニーとの掛け合いは私も参加してみたくなるほど体が踊りだしてしまいますね!そしてレッドの娘ドロシーに、スーザン・ゴードンとチューズデイ・ウェルド。特に幼少期を演じたスーザンの愛らしい歌声にはダニーもルイも‘たじたじ‘の様子でしたね!
 
a0002405_1824837.jpg CDは全18曲からなり、そのうちメインの歌、「五つの銅貨」、「ぐっすりおやすみ」、「ラグタイムの子守唄」、「リーダーに続け」はダニーの奥様で彼の主演映画でも多くの楽曲を提供しているシルヴィア・ファイン(1913~91)。なんと、前3曲は掛け合いが出来るとあって、映画の中でも何回か登場しますね。
 
 「音楽は廻る」では、ダニーとスーザンが息の合った親子の歌声を響かせます、もうスーザンの可愛いこと!「ヴェニスの謝肉祭」はダニーの18番なのかしら?以前ブログでも紹介したVIDEO「ダニー・ケイとニューヨーク・フィルの夕べ」の中でもオーケストラを前に、大きな声でこの曲を歌っていましたものね、大好きです、このダニー!そして、感動の「フィナーレ」は映画を観た方ならきっと涙してしまうことでしょう。
 
 初めての子育てが始まった3年半前、私から娘への子守唄はいつもこの作品と共にありました。昼も夜も、家でもベランダでも、この作品の歌を歌いながら、きっと私自身も癒されていたのかな・・・なんて懐かしく想い出してしまいますね。反抗期、生意気盛り、ただ今真っ最中ですがこの歌を口ずさんでいた頃が蘇ってくると、娘も大きくなったなぁとダニー演じるレッドの気持ちに少しだけ近づいたようなそんな気持ちになりますね。また近いうち、映画の「五つの銅貨」についてお話したいですね。
 
 ☆今作品で100回目になりました。これからも‘よろしゅう‘お願いしますね!☆
[PR]

by suama | 2005-04-11 18:43 | 音楽

2年目の春ですね グレゴリー・ペック

a0002405_328117.jpg 私がブログを始めて一年ちょっと、99作品目の今回、Peckさんの二回目のバースデイがやってきて、あなたのいない淋しさをちょっぴり感じつつ・・・
              ☆Peckさんおめでとう☆
 
 先日久しぶりに観た「アラバマ物語」、あなたの偉大さと温かさは、どんな時であっても変わらず私を包んでくれるのが何より安心するのです。あなたが天に召されてもうすぐ二年、日に日にあなたの後姿を追ってみたくなる・・・そんな気持ちになるのはなぜでしょうね? 
 
 「子鹿物語」でのやさしく逞しい、ホッペの赤いやさ男!(ごめんなさいね)のPeckさんのお姿をまた観たくなってしまいました。また来年の桜の季節にお会いしましょうね!
[PR]

by suama | 2005-04-05 03:32 | 映画俳優

蘇った伝説の男 「ビヨンドtheシー」その2

a0002405_1195325.jpg ケヴィン・スペイシーが「映画を観た観客が”インターネットでボビーのアルバムを買ってみようかなぁ”って思ってくれれば僕は嬉しいよ」とこの作品への思いを語っていますが、ケヴィンの歌うこの作品のサントラは勿論のこと、我が家ではボビーのCDやDVDを毎日堪能しているのですよ!!おかげ様で3歳の娘はボビーのお馴染みの曲が出来たようです!
 
 ボビー・ダーリン、本名ウォルデン・ロバート・カソット、1936年5月14日生まれ。幼い頃重いリウマチ熱で心臓を痛め、生涯に渡り悩まされる。その身体から家にこもりがちになるも母親の音楽への導きをきっかけに、その後彼は沢山の楽器との出会いがあります。私はギターとドラムを演奏する彼の映像を観ましたが、これがなんと素晴らしいこと!演奏もさることながら曲作りからTV番組ホストまでこなす多彩な才能の持ち主であったそうですね。
 
 彼の4枚組のCDセットでは、”ロックンロール~ポップス~フォーク~カントリー”へと音楽のジャンルが変遷してゆく様を聴くことが出来ます。わずか15年の活動期間の中でこれだけ様々な個性を発揮し、ものに出来るアーティストはなかなかいないのでは・・・と改めて直感的に感じた彼の魅力に驚くばかりでしたね!そして、ボビーはユーモアもあり(彼の顔を見ればわかるかな!)有名人の物まねは天下一品!で人を笑わせる才能にも長けていたのだと嬉しくなりましたね。(ケヴィン・スペイシーの得意な物まねとどちらが似ているかしら?)
 
a0002405_12217100.jpg QUEENのフレディ・マーキュリービング・クロスビーダニー・ケイは私にとって特別な思い入れのあるアーティスト。そして彼らとの出会い以来約15年ぶりの衝撃と感動!”息を吹き返した伝説の男ボビー”との出会いで、今また私の中で新しい音楽の世界が広がり始めているのです。彼の魅力は歌だけに留まらず、類まれなパフォーマンスの素晴らしさにも独特の世界があり、60年からは映画界へもその才能を開花させ、「ニューマンという男」(1963)ではアカデミー助演男優賞候補にも選ばれましたね。
 
 いつも死と隣り合わせであっただろうボビーの人生、見た目は”とっつぁん坊や”でも彼は37年間という短かすぎる一生でありました。映画の中では衝撃的な事実を知ってしまい苦悩する場面も描かれていますが、死をまっすぐ受け止めていた様に、ボビーはいつも男らしく一人で戦っていたのかな・・・と思うと切なくてなりませんね。でも人から見れば短命に思えても、彼の残した作品は今また蘇りつつあるのですね!そんなきっかけを作ってくれたケヴィン・スペイシーに感謝したい気持ちでいっぱいです。
 
 30数年前人生を駆け抜けていったお茶目なボビー。これから彼の出演した映画作品に出会える日を待ち焦がれてしまう毎日になりそうです。
 ♪THE CURTAIN FALLS♪にのせて・・・おしまい。 
[PR]

by suama | 2005-04-04 01:27 | 最新映画

蘇った伝説の男 「ビヨンドtheシー」その1

a0002405_1431293.jpg 先月、産後4年ぶりの映画館への復帰、そして久々に一人で映画館へ赴き念願の「ビヨンドtheシー」を観に行きました。作品を観終わった後の私は、泣いているのやら花粉症の症状なのやら・・・。
 
 幼い頃のリウマチ熱で心臓を痛めた貧しいブロンクス生まれの7歳の少年ウォルデン(ボビーの本名)は、15歳までしか生きられないと宣告される。そんな彼に母親は音楽の世界を教え、少年は暖かい家族の愛情に包まれ成長してゆく。伝説の”ボビー・ダーリン”誕生からその人生の幕が降りる37年間の一生を描く。
 
 昨年のブログでも紹介したボビー・ダーリン(1936~73)。彼の”マック・ザ・ナイフ”の映像の衝撃の出会いからこの作品公開の日を、どれほど待ち焦がれていたことでしょう。ご存知ケヴィン・スペイシー(1959~)がボビーを熱演したのですが、もう脱帽!というくらいケヴィンの努力に感激しましたね!作品を観た方はご存知でしょうが、作品に仕上がるまでの道のりは実に10数年の年月を費やしたというから驚きです。彼は、ボビーの音楽を幼い頃よりこよなく愛し、その愛情を大切にそしてボビーのカリスマ的歌声を壊さぬようにと、脚本を上げるより前に音楽習得に2年以上かけたそうですね。彼が最初に登場し歌いだしたとたん、「あーなんてボビーにそっくり、あのお辞儀をする背中を丸めた姿なんて・・・すごいすごい!」と映画館に観客がまばらだった事をいいことに私はもうノリノリでケヴィンの歌声に参っていました。
 
a0002405_2173264.jpg そして、ボビーと「九月になれば」(1960)で共演し、彼の”男の押し”で恋におち16歳で結婚したサンドラ・ディー(1944~2005)との結婚生活も描かれています。作品の製作にはサンドラも協力したそうで、出来上がった作品を観てさぞ喜んだことでしょう。しかし、公開後の今年2月20日63歳の若さで天国に召されました。晩年は肝臓を病み透析もしていたとのこと。幼くして両親が離婚し、母親の夢でショウビジネスの世界に入りそしてボビーとの出会い。67年に二人は離婚しても生涯交友があったといいます。彼女にとってボビーは恋人であり元夫ではあったけれども、きっとボビーの男らしい姿に父親としての安心感をも感じていたのでは・・・と思わずにはいられませんでしたね。ちなみに、作品の中で彼女を演じるのは今もっとも輝いている女優ケイト・ボスワース(1983~)です。
 
 15年間のボビーの活動期間を45歳のケヴィンが演じましたが、もともと”とっつぁん坊や”のボビーの顔ですもの、それほど違和感は感じませんでしたね。ちょっぴりボビーとサンドラよりもケヴィンとケイトの方が長身であるようにも見えましたが・・・。まあ、悪っぽくも見えるやんちゃなボビーの感じはケヴィンにはあまり感じませんでしたが、男としての品の良い大人の色気が伝わる”ケヴィンのボビー”でしたね。
「他の仕事をしていても、心はいつもこの映画にあった」・・・ケヴィンのこの作品に対する愛情こもったこの言葉で、俳優ケヴィン・スペイシーの魅力を存分に感じ取れた私でした!
 次回は”蘇った男ボビー・ダーリン”を語りましょうね! つづく。
[PR]

by suama | 2005-04-02 02:21 | 最新映画