「ほっ」と。キャンペーン

<   2004年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

若き日のマーロン・ブランドの素晴らしさに触れ

a0002405_1415.jpg 私の理想の男性像は好きな映画俳優にも共通するようで、どうしても「包容力があり、誠実を絵に描いたような人」を好んでしまうようです。そして、先日7月1日に80歳で亡くなった、あのマーロン・ブランドは私の理想の男性像とはほど遠いところに今迄位置付けていた俳優さんのひとりだったかもしれません。

 BSで、久しぶりに観た「波止場」(1954)、彼が初めてアカデミー主演男優賞に輝いた私の大好きな作品でもあります。実は彼の出演作品はこれと、「欲望という名の電車」(1951)の2作品しか知りません。「ゴッドファーザー」(1972)や「地獄の黙示録」(1979)は私には少し苦手な分野の映画のようで未だに未見なのです。こんな私が彼の作品を語るにはあまりにも偏りすぎているような気もしますが、役者として今まで敬遠していた理由はきっと彼のイメージにもあったのではと思いますね。
 彼を表現すると、どうしても「スキャンダル」や「問題児」など、世の中に反抗するイメージが強く私の中にあり、それは、ジェームズ・ディーンの繊細な青年像とはまた違い、それが彼を遠ざけていた理由であったのかもしれません。
  
 今回改めて彼を追悼する意味でもあった「波止場」の鑑賞では、彼の魅力が存分に伝わって来ました。そして、イディ(エヴァ・マリー・セイント)と彼演じるテリーが鳩小屋でお互いの心を寄せ合い語り合うその彼のまなざしが、私にとって永遠に忘れる事の出来ないシーンになりましたね。
 本当の彼はどんな人物であったかはわかりません。もしかしたらあの瞳の奥には、テリーの様にやさしさが溢れていた方だったのかもしれませんね。

☆「波止場」は港湾労働者の灰色の部分を描いたドラマですが、心に突き刺さるとても素晴らしい作品だと思います。脇役も素晴らしく、用心棒役の無名の俳優人もとても個性的です。テリーに”ショーティー”と言われてしまう、マーティン・バルサムのデビュー作でもありました。エヴァの出演作品の中で、私はこのイディ役が最も好きですね!
[PR]

by suama | 2004-07-13 01:05 | 映画俳優

予知能力?を持つ少年のお話

a0002405_235019.jpg ヒッチコックの代表作「北北西に進路を取れ」(1958)、何度も観ているとユニークなシーンにめぐり会えるものですね!

 物語の後半、ラシュモア山の休憩所シーン。ちょっと場所柄と不釣合いなスーツ姿のケイリー・グラント演じるロジャーの登場。(当時はこんなきっちりスーツ姿も観光スポットでは有りかと…)そこへ、三人の怪しい人物が…と言っても映画を観ている私達はそう思うのであって、観光客はいっこうにお構いなし!ロジャーとヴァンダム(ジェームズ・メイスン)がお茶をしながら会話をしていると、イヴ(エヴァ・マリー・セイント)が彼らの元に戻ってきてそこからはご存知の展開へ…。

 と、ここからのシーンで、彼らの右斜め後ろの背中を向けて座っている少年の行動が実に怪しいのです!イヴはこの後、空砲の拳銃(この時は皆実弾入りと思っています)をロジャーの体めがけて発砲しますが、この少年はすごい!!ブロンドの美女イヴがロジャーたちのテーブルに近づいてきただけで、鋭い勘♪が働いたのでしょう、背中越しに斜めの視線をキラリ!と送っています。そしていよいよ問題の銃がイヴのバッグから取り出されるやいなや、発砲前だというのにすかさず耳を手で覆ってしまうのです!
 
 ヒッチの作品でこういうエキストラを観かけるのは初めてだったので、面白くて面白くて、物語の先が読めてしまう行動はNGの対象にはならないのかしら?と思いましたね。(でも、初めて観る人はそんなエキストラの行動には目が行く訳がないですよね。失礼!)
 映画には思わぬところにNG場面があったりしますが、この作品の少年の行動は果たして物語の流れの自然な行動として観たほうが良いのかしら…とヒッチにお聞きしてみたい気分になるひとコマでした。

 ☆この当時は映画館で1度だけ観てもらう前提で映画って作られていると思うので、まさかお茶の間で好きな時に何度も鑑賞される時代が来るなんて、もしヒッチが知ったら映画の作り方も変わったでしょうね!
[PR]

by suama | 2004-07-11 23:51 | アルフレッド・ヒッチコック

古き良き時代の雑誌広告は芸術的

a0002405_11757.jpg 誰にでも、たまらなく好きなもの(食べ物、雑貨、本・・・)ってありますよね!それを見つけると心が騒ぎ出すほど喰らい付いてしまうもの。ちょっと大げさかもしれませんが私のここ6~7年心を捕らえて離さないものがあるのです。
 
 私は”古き良き時代大好きな人間”であります!その’もの’との出会いはとある本屋さんの一角の展示コーナー。何百枚と箱に入ったそれをみた時には「あ~これこれ!私の求めていたものは♪」と思いましたね。
 その’もの’とは、アメリカの雑誌(主に1940~1950年代のものが好き)の広告の切り抜き(Advertising)。当時はまだ広告は写真より手書きの絵が多く、その何とも言えない温かさに懐かしさを感じてしまった私は、一枚また一枚と手に取るうちに膨大な量を買い込んでしまったのです。 その後、同書店の支店を何店もまわり、展示会のたびに購入するといった感じで、今や大変な数に!!なっています。

 そして外出がままならないここ2~3年はネットで、「LIFE」や「TIME」誌などの過去の情報を見ながら今度は雑誌を輸入して手に入れています。(「TIME」のネットのページには「タイムアーカイブス」というのがあり年月日を入力するとその頃の雑誌の表紙が閲覧できるという楽しいものもあるのですよ!)

 広告の種類は様々、私は映画や俳優、タバコ(タバコ嫌いなのに絵がすごく魅力的なので)、雑貨、ノーマン・ロックウェルなど絵の美しいものばかり集めています!50年以上前のものなのに新しい風をいつも私に届けてくれる”Ad”、皆さんも街角で見かけたら是非一度手に取って眺めてみて下さいね!

☆これは横浜の百貨店の万年筆売り場に飾ってあった非売品を頼み込んで譲っていただいた品なの、すごく嬉しかったわ♪(店員さん有難う!)
[PR]

by suama | 2004-07-08 01:19 | ノスタルジック

今も生きている エルヴィス・プレスリー

a0002405_15614.jpg 私の個人的なこのページに憧れのRockのKing、Elvis Presley(1935~1977)を登場させて良いものだろうかと思いましたが・・・。 前回のブログでも話題にした「50’s全米ヒットチャートTOP40」という番組で映像のトリを飾った彼!68年の復帰コンサート映像までの若かりし姿を観ながらただただ溜息ばかりでした。(素肌に革ジャンの彼の姿にもううっとり☆)

 いつ観ての彼の存在は群を抜いて素晴らしく、この世に彼がいなければ、The Beatlesも私の永遠の憧れQueenもおそらくいなかったのでしょうね。そして、世界中には彼を崇拝している人がこれからもずっと増え続けるのだと思いますね。

 彼の歌声をCDを聴いているより、映像で観た方が、より迫力が増すのですね。やはり彼は映像が人々に与えた最も影響力のある頃の存在であったのだと、今回はっきりと感じ取れました。スクリーンに輝いた彼の姿も素敵であったけれど、私はマイクを持って人々を魅了したコンサートの映画の方がずっとずっと心に身体に焼き付いています。(例の如く映画を観ていてもずっと立ったまま踊ってしまう私なのです♪)

 番組の中で、ゲストの湯川れい子さんが
「彼はヤキモチの対象にもならないわ」といっていた様に、人種も音楽も世界も全ての境界線を越えてしまうほどの人だったのだと思いますね!この世界に彼が歌声を響かせていた時代をとても羨ましく思いながら、いつまでも彼の映像と共にElvisを愛していきたいと改めて思いましたね!

 (若かりし頃のエルヴィスをみていたら、ヤクザ映画の竹内力さんや、長島一茂さんさんにみえてしまったのは私だけでしょうか。各方面からクレームが来そうで怖いです!!ごめんなさいね・・・)
[PR]

by suama | 2004-07-06 01:57 | ノスタルジック

とっつぁん坊や!? ボビー・ダーリン

a0002405_847.jpg 先日BSで「50’s全米ヒットチャートTOP40」という番組を放送していて、CDのジャケットなどでしか見ることのない、当時の輝いていたスター達の動く映像を観る事が出来て本当に素敵なひとときだったわ。

 当時TVなどからの情報源がなかった時代、映画が人々に与える影響はものすごかったと思うの。その証拠にヒットチャートには私の大好きな古き良き映画関連の曲がたくさんあったもの!ドリス・デイ、デビー・レイノルズ、グレース・ケリーとビング・クロスビーの‘True Love‘もあったわ。

 中でもビングが歌ってよく知っていた‘マック・ザ・ナイフ‘は1959年のグラミー賞「最優秀レコード」、「最優秀新人賞」に輝いたBobby Darin(1936~1973)が歌って有名になったのね!初めて観る彼の姿と歌声に、のんきに口ずさんでいた私は一気にノックダウン☆されてしまったの!!当時の彼は若干23歳、番組の解説ではソングライターとしても実力があり、映画界でもアイドル的存在だったそう。出演作を見ただけでも、60年代に入ってからの作品にはPeckさん、ロック・ハドソン、スティーブ・マックィーンなど大スターとの共演作が目白押し!彼は青春路線の作品にも出演しているようで、「避暑地の出来事」(1959)でスターになった共演作もある、サンドラ・ディー(1942~)と1960年に結婚していたようですね。(67年には離婚)

 彼がなぜ37歳の若さで他界したのかはわかりませんが、近くケヴィン・スペイシー監督主演で彼の伝記映画「Beyond the sea」が公開されることとなると思うので、ぜひそのときに彼の人生に触れてみたいなぁと思いますね。

 彼にひと目でまいってしまった私は50年代だったら明らかに‘ミーハー‘になるのかしら?
[PR]

by suama | 2004-07-05 08:05 | 映画俳優

覗きますか? 「裏窓」

a0002405_22911.jpg  「裏窓」(1954米)といえばヒッチ全盛期のサスペンス・ロマンスの代表作。
サスペンス作家コーネル・ウールリッチの「それは殺人に間違いない」という作品を基に脚色された作品。原作の主人公は”スポーツマンタイプの男性”であったそうで、原作とはかなりストーリーが異なっているそうですね。

 テーマは”覗き”、「理性ははたらいているが、きっと自分もしてしまうのであろう」日常では抑えている行動を、ジェームズ・スチュアート演じるジェフの目を通して私達は、堂々と堪能している気分になる作品です。

 クーラーのなかった頃の開け放たれた窓の無防備さ。似たり寄ったりの生活空間の中で違った時を過ごしている住人達。ちょっと昔の日本にもあった坦々とした時間の流れの中で、主人公のジェフは椅子に縛り付けられながら、今まで気づかなかった自分の本当の姿を見ている様に感じていたのでは・・・と思いましたね。

 私がこの映画を好きなのは、登場人物やストーリー、グレース・ケリーのファッションに魅せられた事(後日またお話ししましょ!)もあるのですが、「言葉を交わすことはないけれど見慣れた隣人に囲まれ、退屈な毎日が平和だったりするそんな日常」が懐かしくもあり、もう味わうことのない過ぎ去った子供時代の記憶の中の”何か”に似ているからなのでは・・・と感じます。う~ん、でも私はラジオから流れてくるビング・クロスビーの歌がアパートに響き、夕暮れに間接照明のやさしいひかりが灯り、一日が終わって行くあの光景に憧れを抱いたのかもしれませんね!
 
 とはいえ、日常のそんな中で起こった殺人事件。カメラがジェフの窓枠からぶら下がった姿をとらえたあの場面以外は、全てジェフの見ている”目”となるのですから、自分も固定されてしまった様になり、ドキドキと日一日を過ごして観ている気分になりました。

 今の時代はお隣の顔も知ることなく暮らしている様な時代。もし「裏窓」の様に何でも覗けてしまったら・・・そこに真っ暗な部屋にぼっと光るタバコの火なんか見えたりしたら、ちょっとドキっとします。やっぱりこの「裏窓」の様に古き良き時代に起こったサスペンスだからドキドキ感が倍増するのでしょうね!いつもながら、ディテールを工夫し何気ない日常をアパートの住人や小道具を使ってサスペンスに引き込んでいくヒッチに脱帽ですね!
[PR]

by suama | 2004-07-02 02:30 | クラシックムービー