かわいいおばさま、セルマ・リッター

a0002405_12638.jpg セルマ・リッターという名前を聞いてピンと来なければヒッチコックの「裏窓」に看護婦ステラ役で出演した女優といえばわかる人も多いかしら。
わたしが初めて彼女を観たのはたぶん「裏窓」だったと思うけれど、1905年生まれで1969年に亡くなっているので、まだ48、9歳だったのね。

 大好きなドリス・デイ、ロック・ハドソン主演のコメディー「夜を楽しく」(1959年米)ではお酒ばかり飲んでいつも二日酔いで、ジャン(ドリス・デイ)の家政婦アルマ役として登場していたけれど、あの時で54歳くらい。もっとおばあちゃまなのかと思っていたわ。

 「三十四丁目の奇蹟」(米ではクリスマスの定番映画)が映画デビュー。
アカデミー賞ノミネートが6回もあるのに一度も受賞できなかったとは残念。

 これからももっと彼女の映画を観たいな。彼女が登場すると、脇役と呼ぶにはもったいないほどかわいらしいおばさまパワーにいつも引き寄せられる私。個人的にはやはりあの当時の安心してほのぼの観ていられるコメディーがお勧めかしら。
[PR]

by suama | 2004-03-11 01:27 | クラシックムービー