古き良き女優スタイルに憧れて…

a0002405_13727.jpg 短大生の頃の私は、古き良き映画に魅せられ始め、その時代の女優さんのファッションにも憧れを抱いていたのです!

 当時封印を解かれたヒッチコック作品「裏窓」(1954)を初めてTVで観てから、もうグレース・ケリーのスタイルにのめり込んでしまった私。そして無謀にも彼女の髪型に近づきたく美容院へと向かったの。あの頃は、オードリー等を除いては、古き良きスターの特集などは映画雑誌では殆どなく、当然グレースの情報もなかったの。唯一あった彼女の小さな写真を持って行ったけれど、グレース・ケリーの名前さえ知らないと言う不安な中、出来上がった私の頭は当時流行の”ソバージュヘアー”。もう泣きそうっ、家に帰るまでずっと下を向いたままだったわ(涙・涙)。

 家に着くなり、パーマを伸ばして伸ばして…翌日カーラーで裾をくるくると巻いて自分なりのグレースが誕生しました!(出来ばえ50%、セットをした髪型を真似するって難しいわ!)

 それからは、白い仕立ての良いシャツに腰を絞ったロングスカートをはいて、ジェラートを食べながらオードリーの様にローマをかっ歩したいな~なんて夢を持ち続けていますが、世界中の誰もが想い描いている憧れのスタイルでしょうから、これは映画の想い出の中にそっとしまっておく事にするわ。

 女優さんへの憧れを実現するには、”己の個性と魅力を知り尽くした上”で挑戦しなくては…ですね!女性として一生の課題になりそうだわ!
☆ 女性は欲張りなもの、ファッションのお話は語りつくせそうにないので又の機会に!
[PR]

by suama | 2004-06-16 01:38 | ノスタルジック