お茶の間騒然 「逃亡者」

a0002405_11717.jpg 「逃亡者」 (The Fugitive) 1963-67年アメリカで大ヒットしたTVシリーズ。

 ”リチャード・キンブル、職業医師、目的地、州刑務所の死刑執行室”
日本では矢島正明氏のナレーションからスタートするオープニング。
(ストーリーは1993年同名映画と導入部がほぼ同じなので省略します。)

このドラマを観るきっかけは、ちょうど”古き良きアメリカ”に魅了され始めた頃、叔母から学生時代に夢中になって観ていたという話をきいていたので、興味があったの。

 ”町から町へ彼は動き続ける。早すぎても遅すぎてもいけない。どこかに怪しいものはいないか。手配がまわっていないだろうか。ここがあるいは旅の終わりになるのではないか。”
主人公リチャード・キンブルを演じたデヴィッド・ジャンセンは身も心も彼になりきっていたわね、吹替えの睦五郎さんも良かったわ。
彼を執拗に追いかけるジェラード警部にバリー・モース。毎回リチャードが逃亡の地としてたどり着く町には様々な人々との関わりがあり、ゲスト・スター達も見所のひとつ。ジェラード警部のひとり息子にあのカート・ラッセルが数回登場していたのも印象的だったわ!

 全120回の放送で最終回は2夜に渡り、しかも日米同日の最終回(1967.9.2)放送で視聴率も当時ものすごかったと聞きます。きっとこの頃はお茶の間が”キンブルの無実と真犯人片腕の男との行方”を見守っていたのでしょうね、ほほえましい時代ですね。

 もう一度あのキンブルに会いたいわ!今の時代でも十分楽しめるそんな質の良い”古き良き”アメリカンTVドラマです。
[PR]

by suama | 2004-05-27 01:18 | アメリカンTV