Rollin' Rollin' Rollin' ・・・「ローハイド」 その1

a0002405_19132657.jpg 只今BS2で放送中の懐かしきアメリカンTV、もう20年近く前深夜放送で眠い目をしながら数話観たことがあった「ローハイド(ROWHiDE)」。本国米で1959年1月から、日本では59年11月から放送が始まり実に7年もの放送があったそうですね。今回11月はその中の初期の16本が放送予定です。

 1860年代の西部、テキサス州からカンザス州へ数千頭の食用牛を運ぶ仕事(キャトル・ドライブ)を職業とするカウボーイたちの姿を描く。リーダーのギル・フェーバー(エリック・フレミング)、相棒のローディ・イエーツ(クリント・イーストウッド)を中心に、料理係のウィッシュボーン(ポール・ブラインガー)、カウボーイのピート・ノーラン(シェブ・ウーリー)たちの自然の脅威、見知らぬ土地での出会いと危険の中での男たちの苦悩と活躍を描く。
 
 さて、”ローハイド”とは何か?私は子供の頃”ドンパチ☆”とカウボーイごっこなどしていなかったので、もっとお兄さん世代の方はご存知かと・・・。先日旦那様にタイトルの意味を聞かれ調べたところ、”ローハイド”はカウボーイのズボンの前にあてている皮で出来たピラピラのこと。劇中リーダーのフェーバーさんもこの’前あて’の紐を結び直しているシーンなどあるのでよくわかりましたね。

a0002405_19102738.jpg 今回この作品を始めから観ていて思うのは(いつもながらGTでのTV鑑賞は録画との追いかけっこの私・・・涙)、カウボーイという仕事を何も知らなかったのだな~ということかしら・・・。「ローハイド」の約20年後の時代の「大草原の小さな家」でも、野宿のシーンなどから当時の暮らしぶりは少しわかっていたつもりでしたが、カウボーイの自然との長く険しい生活は、初めて目にすることが実に多いのだと気付きましたね。数千頭の牛の大暴走(スタンピード)、アウトローたちとの命懸けの戦いなどなど、とてもリアルに描かれているので毎回ハラハラしてしまうのです。そして時には女性たちの登場で男たちの気持ちは揺れ動くのですが・・・。

 さあ、いよいよ今週で11月の放送は終了。残り4話を楽しんで観て行きたいsuamaです!
次回は、カッコいい男たち!キャストの紹介です、お楽しみに! つづく。
[PR]

by suama | 2005-11-22 19:13 | アメリカンTV