心躍る米映画音楽の饗宴にワクワク♪

a0002405_17264133.jpg 先日、私にとって”素敵な贈り物”の番組がBSで放送されました。アメリカ映画協会(AFI)が選出した「映画音楽ベスト100」、2時間の番組(司会はなんとジョン・トラボルタ氏)の中には心ときめかせる音楽の数々が映像と共にちりばめられ、とても素敵なBirthday前夜祭となったのでした。

 このAFI選出の「ベスト100」という番組は過去にもいくつか製作されていますが、今回の「映画音楽ベスト100」は格別な想いで観ていました。星の数ほどある映画音楽、ハリウッドの歴史がそこにある・・・そんな時の流れを感じる番組でした。ここにそのベスト100の中の上位10曲を挙げてみましょうね。

 1 「虹の彼方に」         ・・・「オズの魔法使い」 (39) a0002405_19591023.jpg       
 2 「時の過ぎ行くままに」    ・・・「カサブランカ」 (42)
 3 「雨に唄えば」         ・・・「雨に唄えば」 (52)
 4 「ムーンリバー」        ・・・「ティファニーで朝食を」 (61)
 5 「ホワイト・クリスマス」    ・・・「スイングホテル」 (42)
 6 「ミセス・ロビンソン」      ・・・「卒業」 (67)
 7 「星に願いを」         ・・・「ピノキオ」 (40)
 8 「追憶のテーマ」        ・・・「追憶」 (73)
 9 「ステイン・アライブ」     ・・・「サタデー・ナイト・フィーバー」 (77)
10 「サウンド・オブ・ミュージック」 ・・・「サウンド・オブ・ミュージック」 (65)

 こうやってみると、古き良き映画作品もなかなかやるな~といった感じがしますね。大好きなビング・クロスビーのギネス記録を持つ”ホワイト・クリスマス”もこの作品(写真右上)から生まれたのですもの、いつまでも愛されているって嬉しいわ。 

 ベスト100曲をみると日本人には馴染みのない作品もあり、なんとダンスの神様フレッド・アステア(1899~1987)の歌声も何曲かありましたね。「ザッツ・エンターテイメント」(74)シリーズなどに登場した作品も100曲の中にありましたが、その様な作品が日本で紹介される機会が少ないことを改めて残念に思いました。シャーリー・テンプルちゃんや、レナ・ホーン(1917~)の歌声などは映像と共にいつまでも残ってほしいな・・・と感じましたね。(”古き良き”作品もっとTV放送してほしいわ~!DVDにはないんだもの・・・。)
 
a0002405_2003595.jpg 沢山の映画音楽をみていると、特にバーブラ・ストライザンド(1942~)、ジュディ・ガーランド(1922~69)、その娘のライザ・ミネリ(1946~)の登場回数が多いことに気づきます。日本でも良く知られているこの3人、こんなにもハリウッドの映画の歴史を支え、そして愛されているのだということも改めて知るそんなひと時になりました。

 もし私がベスト100曲を選ぶとしたら・・・?まだまだ未見の作品も多く、100曲選ぶ事もままならないでしょうね。でもまだ観ぬ作品に興味をそそられる自分にちょっぴり喜びを感じずにはいられませんでした。映画音楽は自分の人生を映し出してくれる素晴らしい存在であることを、この番組を観て改めて感じた方も多かったのではないでしょうか?
 
 いつまでも映画とその作品を彩る音楽を愛して行きたいと思うsuamaなのでした♪ 
[PR]

by suama | 2005-06-23 20:20 | ノスタルジック