男の恋心 役所広司

a0002405_18314260.jpg 先日TV放送していた映画「Shall we ダンス?」(1996)、今回はダンスのお上手だった杉山さんこと役所広司さん(1956~)を熱く語りたいと思います。

 役所さんの作品を初めて観たのは映画「タンポポ」(1985)、その後TVシリーズ(再放送)「三匹が斬る」での素浪人”千石”こと久慈慎之介役が気に入り、1989年秋頃NHKで放送したドラマ「男たちの運動会」(脚本黒土三男氏)では毎週釘付けになって観ていた事を今回の「Shall we ダンス?」を観て思い出していました。
 
 主人公山崎(役所)は仲の良いゴルフ仲間、坂東(イッセー尾形)、謹ちゃん(平田満)、堀(谷隼人)にマンネリになったゴルフ会をやめたいと告げる。それならと、皆でそのゴルフ資金を出しあってマンションの一室を借り、男の隠れ家にしようということに・・・。その”隠れ家”を通して男たちのドキドキ、ワクワクの日々が始まるのでした。

 この紹介だけだと男たちの”いけない考え!?”が見えてきそうですが、家族との平和な毎日から悪ガキだった懐かしい日々に帰りたい・・・そんな男たちの姿が可愛くもあり、憎たらしくもあり(奥さまの気持ちね!)。物語では山崎に須磨(かとうかずこ)という互いに淡い恋心を抱く女性が登場し、その二人を結び付けようと坂東、謹ちゃん、堀が隠れ家を通して子供みたいにはしゃぐ姿が面白いの。でも皆奥さまがいるので、こんなこと許してはならないのに、皆度胸がないから和気あいあいムードにしか発展せずこれまた愉快!!謹ちゃんには「Shall we」の時の様な迫力の奥さま渡辺えり子さんが、山崎さんには萬田久子さん演じる素敵な奥さまがいるの(最後には隠れ家のことがばれてしまう)。隠れ家での男たちの顔と家庭での顔・・・男性が家庭に帰って見ている家族への思いってこんななのかしら・・・と当時結婚なんてまだまだと思っていた私には新鮮に映りましたね。

a0002405_18321841.jpg 何故この作品で「Shall we」を思い出したかというと、杉山さんがダンス教師岸川(草刈民代)へ思いを寄せている男心が「男たち」に何となく似ていて・・・そんな男性を演じている役所さんってものすごく魅力的なんですよね。頼りなくて、恋心がうまく言葉にならない・・・既婚者の男性って(女性もかしら?)こんな気持ちになることきっと誰にでもあるのでしょうね。お互いが会っている穏やかな時間の流れにきっと私は当時憧れを抱いて観ていたのでしょう。

 そして・・・97年のある日、昼の品川駅横須賀線ホームに降り立った私に素敵な出会いが待っていました。あの役所さんが一人こちらに向かって歩いてきたのです。全身黒の装いでひどくやつれ、髪にもちらほらと白いものが見えていた彼が私のすぐ横を節目がちに通り過ぎて行く。ホームに誰もいなくてもとても声をかけられる雰囲気ではなかったので私はただただ見送るばかりでしたね。その後映画の宣伝であの時の姿が映画「失楽園」と同じだと知り、もしかしてあの日出会った彼は映画のワンシーンだったのかしら・・・と思い、昨年ようやくその作品をTVで観たのですが、半分くらい寝てしまいそのシーンらしきところは確認したものの(ホームを上から撮影している)定かでないのが残念でした。

 演技派として素晴らしい活躍をされている役所さん、私は杉山さんや山崎さんの様なあなたの姿をまた見てみたいわ・・・♪
[PR]

by suama | 2005-05-19 18:53 | 映画俳優