運命のいたずら・・・「旅愁」その1

a0002405_1242884.jpg 「旅愁」September Affair(1950米)、この作品辺りから魅惑のイタリアを舞台にした映画が沢山作られ始め、そして二文字の邦題も沢山生まれました。”SEPTEMBER SONG” レコードから流れるこのうたは、主人公2人の心が通い合うかの様に官能的に心に響きます。
 
 ローマを飛び立った飛行機で隣に乗り合わせた建築技師のデイヴィッド・ローレンス(ジョセフ・コットン)とピアニストのマニーナ・スチュアート(ジョーン・フォンティーン)は、エンジンの不調で不時着したナポリで2時間の修理の間2人で観光に出掛ける。しかし飛行機は2人を置いたまま飛び立ってしまう。この機会にと羽を伸ばし観光をするが、2人はいつしか恋に落ちていた。妻子あるデイヴィッドの事を思いマニーナはナポリを後にしようと決意した矢先、2人を置いて飛び立った飛行機が墜落し乗客乗員全て死亡、彼らの名前も含まれているニュースが入る。この世に存在しなくなった2人はフィレンツェで新しい人生をスタートするのだが・・・。
 
 この作品を初めて観たのは、”銀座文化”だったかしら。ラストでマニーナが「まやかしの恋はいつかは終わる」と言っていたけれど、たとえ現実を見ていないと他人から言われても彼らにしかわからない固く結ばれた何かがあったと思うの。それが道に反する関係であっても。
 
a0002405_17314187.jpg  監督のウィリアム・ディターレとジョセフ・コットン(1905~94)は、「恋の十日間」(1945)、「ジェニーの肖像」(1949)に続いて三回目の顔合わせ。3作品とも男女の切なさが伝わる私の大好きな作品。 ジョーン(1917~)は「レベッカ」(1940)、「断崖」(1941)、「皇帝円舞曲」(1948) など私のお気に入りばかりだけれど、マニーナを演じた彼女が一番好き。男性に媚びることなく、でもまっすぐな愛の形を切なく演じて見せた彼女の光り輝く表情は、50年経っても褪せることなくいつまでも私を魅了してくれるのですもの。 ジョセフ・コットンはジェニファー・ジョーンズとのカップリングも美しいけれど、ジョーンとの年の差を感じさせない甘い雰囲気は私にとって何よりのベストカップルに思えるわ。   
 
 マニーナのピアノの先生であり親友のマリア・サルバティーニを演じたフランソワーズ・ロゼー(1891~1974)。国際的な大女優の風格が作品に深みを与えてくれましたね。デイヴィッドの妻キャサリンを演じたのは「ドライビング・ミス・デイジー」(1989)で80歳でアカデミー主演女優賞を受賞したジェシカ・タンディ(1909~94)でしたね。表情豊かなお婆ちゃまの頃の印象とはだいぶ違っていたので驚いたことを思い出します。 

 この作品に憧れた私は、その後イタリアの土地へと飛び立つのでありました。つづく。
[PR]

by suama | 2005-02-27 12:04 | クラシックムービー