岩手県山田町のいま 10

東北地方にも、昼は暖かい日差しがさしているようですが、
昼と夜の気温差がまだまだ激しく、
岩手県山田町の友人はこの数日で風邪を引いてしまったそうです。
ストレスから、声も出なくなってしまい、自分でもわかっているとはいえ・・・。
炊き出しの始まったことを知らせましたが、
どうもその情報は町全体には行き届いていないようで・・・。
今回も山田町の友人の声をお伝えいたします。

「3日日曜日、隣の人に 炊き出し をしていることを教えてもらい息子と行ってきました。
そこでは、盛岡のNPO が来て、焼きうどんや、お菓子を配っていました。
その時の、息子とNPOの人の会話です。

N: 友達に電話して呼んできてね!
息: 電話が通じません。
N: 近所のお友達は?
息: 秋田や、千葉や、内陸に避難しました。
N: 他のお友達は?
息: 死にました。
N: ・・・・・。

息子にはお菓子をいっぱいくれました。

他にも、炊き出し をしているようですが、場所も時間もわからず、
たまたま歩いていたらやっていた・・・と言う感じです。

せっかくの 善意の炊き出し も情報がないので知りません。
人が集まらないので気の毒です。

近所の人たちと井戸端会議をした時も、皆同じ意見でした。」


「おかげさまで、職場の皆で美味しいお菓子をいただきました。
昨日息子は
「朝カレーだ~!」 と朝からカレーをチン♪ して食べていました。
息子はカレーが大好きですが、ガスがなくなるのが心配で、
煮込み料理は避けているの。」

「詳しいプリント有難いです。
職場の人と、子供のストレスについて話していたところです。
山田町は外出規制はないので、
息子を仕事の休みの時に遊びに連れ出しているのですが、
宮古市は外出禁止です。
なので、家にいるしかないそうです(涙)。
確かに、外は瓦礫の除去や工事、土ぼこりがすごく、地震が続くので危険ではあるけれどね。」

「炊き出し の情報ありがとう!
でも、町内の放送が、私の地区では聞こえません。
役場の情報板には、炊き出し の事は出ていません。
だから、私の地区は
「炊き出しって?」 って感じです。

配給は毎日行っています。
凄い行列ですが、700人とは・・・(これは山田町の情報サイトより伝えた数字です)。

今学校の先生が来ていました。
12日、連絡事項があり、登校だそうです。
山田町は、小学校もお弁当ですが、持って行かれない家庭もあり、どうするか・・・と。

次から次へと、問題が続きます・・・。」

「山田町は、プロパンガスです。
なので、火事の時は、ガスボンベが爆発して凄かったです。

1本2本だけでなく、町中のボンベが爆発して、地面に響くの!
余震と、ガスボンベの爆発と、車の爆発で、
一晩中ずっと地面が揺れていました。


地獄の光景でした。

隣の家は震災後間もなくガスボンベがなくなり、焚き火でお料理です。
もともとバーベキューが好きな一家なので、なかなか楽しそうです!?

我が家は、地震の前にガスボンベを交換したので、まだ残っています。
が、私は心配性なので、石油ストーブの上で料理しますが、
母は普段通りガスを使っています。
なくなったら、その時考えると・・・。」

何と言うことか・・・。
炊き出し の情報が行き届かず、温かい料理が皆さんに届いていないとは。
ショックでした。
こちらから、炊き出し のチームの連絡が付く所には問い合わせをしていますが、
ネットでは情報はなかなか得られませんね(涙)。

町の情報は、山田町観光協会 のブログを見て、彼女に伝え、
私も写真などを見ながら、被災地の情報を掴んでいます。
その情報があるだけでも、本当に助かります。

一日も早く、皆さまにより多くの情報が入るよう現地でのこれからにも期待いたします。

 
[PR]

by suama | 2011-04-07 00:55 | 世の中のこと