岩手県山田町のいま 3

昨夜3日ぶりに山田町の友人から連絡が入りました。
今回もメール紹介の了解を 「OK牧場!」 といただきましたので、お伝えいたします。

「今日は仕事です。
ガソリンが寂しいのと、道路が瓦礫だったり、道も崩れていて怖いので、バスにしました。
正月に大雪でバスに乗ったとき、内臓を吐くくらい酔ってしまいました。」

「職場のある 宮古 では、スーパーもありますが、自宅避難の人には物資がないようです。
山田町のすべてのスーパーが壊滅して、テントで品物を売っているところが1ヵ所あります。
ですが、肉・魚はありません。
卵・牛乳は運次第!
後はこんにゃく、みかん、玉ねぎなど売っていました。

昨日、牛乳が入るかも! 
という情報で、雪の中をずっとずっと待っていましたが空振りでした。
なので、私の様な自宅避難者は、 "配給" が命綱です。

"配給" がある時には、放送がかかります。
でも、我が家は遠くて、その放送が聞こえず、ずっと待ってしまいます。

昨日は、昼は水だけ、午後は菓子パン・飲むゼリー(売れ残りのまずいものでした)を家族分、
韓国製のカップ麺を1個貰いました。
取りに行くのが遅くなってもらえない人もいます。
雪の中、2時間待ってこれだけですが、十分ありがたくいただいていますよ☆
ありがとう、皆さん!」

「昨日、避難所に行きました。
電気は来ましたが、そのほかはまだでした。
物資ですが、食糧は少しづつ足りてきましたが、
生活雑貨、歯ブラシ、石鹸、生理用品が足りないようです。」

「23日、終了式・卒業式がありました。
他の地域に避難している子供たちも何人かいるのですが、
1~5年生は廊下で終了式をしました。
子供たちは元気でした。
6年生は図書室で卒業式をしました。

家を失い、転校する子供も多くいます。
息子と仲の良い、家族ぐるみの付き合いのある家族も盛岡に行きます。
寂しい、悲しい、というより、仕方がないもの・・・と諦めの気持ちです。
実は我が家も今年の秋、中高一貫校の受験の為引っ越す予定でしたが、
山田町に残り、頑張って行こうと思います。」

「suamaちゃんに、山田の町の様子を知らせようとデジカメで写真を撮りました。
"オランダ島" という、東北唯一の無人島で、
白浜の海はエメラルドグリーンの島です。

その島の写真を息子が拡大して見て、
「島にも瓦礫が一杯だよ!」というので見ると、
何体もの遺体でした。」

「配給は午前と午後にあります。
時間はまちまちです。
午前は 水 で、午後は リッチです!
ただ午後の配給の時間は決まっておらず、
いつの間にか配っていたり、
これから配ります と放送を聞いてから行くと、物資がなかったりします。
我が家は放送が聞こえないので、だいたい15時頃行きますが
既に行列、100人以上並んでいることもありました。
雪の中は辛いです。
配る場所は公民館です。

内容はだいたいが
☆ 菓子パン または おにぎり
☆ 水
☆ カップ麺
☆ 飲むゼリー(去年のEXILEのライブツアーの売れ残りみたいでした)です。

パンは家族の人数を言えばその分もらえます。
でも、カップ麺は配給に行った人しかもらえません。
なので、家に留守番2人残して、家族総出でカップ麺をゲットするのです。
が、悲しいことにいつももらえるわけではありません。」

「今、欲しい食糧は、
肉、魚、牛乳、野菜  だな~。
ラーメンも食べたいな~。
おすし屋さんの看板を見たら、唾が出ちゃったの。
イヤシンボになったな~。」

「もし、古着があったら、パンツ一枚も持たず避難してきた兄ちゃん家族にあげたいです。
でも、無理に探さないでね!
着のみ着のままでも 明るい我が家 です。」

「地震・津波・火事が起こり、
神様が人間を怒っている と思いました。
今まで、贅沢して、美味しくないもの、飽きたものを簡単に捨てて・・・。
人間が、何年もかけて造りあげた町も家も橋も、
大切な人たちも一瞬で奪って、
奪われるのを、何も抵抗できず見ているしかなくて・・・
人間が如何におごっていたのかわかりました。 

これからは、人も物も大切にして行こう、そう思いました。
そうすれば、地震も津波も起こらないわけではありませんが
神様はいる 神様が守ってくださった
ということも沢山経験しました。
人も物も、感謝の気持ちを持ってやって行きたいです。」

そして、最後にこんなメールももらいました。

「避難所に昨日行ってびっくりです。
空気がよどんでいて、よく病気にならないなって。
避難所も学校の体育館なので、始業式の目処はたっていません。
少なくとも4月20日以降だそうです。
早く子供達を学校に通わせてあげたいです。

物資はそんなに援助されているとは知りませんでした。
菓子パンがいつも賞味期限ギリギリ(その日だったり)なので、
輸送や仕分けに時間かかっているのかな、と思っています。
オニギリの時は、固くて食べられず、雑炊にしました。

今日は夕食は大分固くなったアンパンです。
配給でもらったものの、賞味期限が翌日で、家族に食べさせる訳にはいかないので、私が処理してます。
そのせいではないと思いますが、夕べはおかながゴロゴロで、息子にも笑われました。」

TVで放送しているより、まだまだ厳しい被災地の状況です。
山田町はそれでも、恵まれている方に感じましたが、どうでしょうか・・・。
今日も東北地方は雪の予報・・・。
身体をこわさないで・・・そのことを毎日祈っています。
[PR]

by suama | 2011-03-25 16:02 | 世の中のこと