お疲れ様でした  Phil Collins

今PCを開いたら、Phil Collins 引退のニュースが・・・。
懐かしいな、私の古き良き人生がスタートする前の、洋楽♪ 洋楽♪ の日々を思い出します。

a0002405_22355393.jpgPhil Collins、本名 Philip David Charles Collins 
1951年 イギリス生まれ
シンガーソングライター、ミュージシャン、俳優。
ヴォーカル、ドラム、ピアノ、ギター、キーボード・・・
何でもござれのRock & pop ミュージシャンのおじさまであります。
ご存知 Rockバンド "Genesis" でドラマー(後にボーカル) をつとめました。
私は80年代のソロでの活躍の頃の、彼の曲やプロモーションVideoになじみがありますね。
♪"Easy Lover"
♪Marilyn Martin とのデュエット "Separate Lives"
♪"Sussudio"
♪"Don't Lose My Number"
♪The Supremes のカバー曲 "You Can't Hurry Love"  そして
♪"One More Night "・・・
今思い出してもこれだけあるなんて、彼の歌声は当時私の身近にあったのだと懐かしさでいっぱいになります。 彼の透明感のある惚れ惚れするような美しい声に憧れた10代の頃・・・。
それにしても、Phil もう60歳なんですね・・・。

そういえば学生時代、当時私の仲の良かった友人が、サマースクールでイギリスに1ヶ月留学。
帰国するなり、留学先の校長先生に恋してしまったと彼女から聞かされます。
でも "純真無垢"(えっ) な私たちには何だかさっぱり実感がわかず・・・。
それから、間もなく彼女の恋した先生が来日し、彼女の家に滞在するということで、
なぜか私も一緒に1泊することになりました。
彼に会って挨拶するなり、
「あらあら、ひよこちゃんみたいにぽやぽやした金髪で、顔も佇まいも誰かに似ている・・・」
まさに、Phil CoLLins 瓜二つの彼でした。
翌日3人で 「Top Gun」(1986米) を観にいきましたが、何だか、奇妙な2日間でした。

そして、2人が婚約中、イギリスへ行った時の出来事。
先生が現地イギリス人に Phil CoLLins と間違えられてしまいます。
どうしたのかと思ったら、「サインしちゃったわ!」 と彼女。
流石にその発言には "ぶっ飛び!" でした。
その数年後2人はゴールインし、幸せにヨーロッパ(今どの国にいるのかしら?) で暮らしています。

そんな脱線した!? 思い出と共に Phil の歌声は、青春の1ページとしていつまでも残ることでしょう。
お2人の息子さんとの時間を過ごすため選んだこれからの道。
素敵なお父ちゃんだね! ありがとう、Phil ♪
[PR]

by suama | 2011-03-09 23:47 | 音楽