彼は一体何者? 「探偵レミントン・スティール」

a0002405_259012.jpg 友人のK子ちゃんと「ダーリン、ダーリン」と今も呼んでいる彼の名は、ピアース・ブロスナン。本国米で1982年、日本では1987年から放送が開始したTVドラマ「探偵レミントン・スティール」。

 主人公は私立探偵ローラ・ホルト(ステファニー・ジンバリスト)。独立して探偵事務所を開くも、女性という事で依頼客がさっぱり来ない。そこで、レミントン・スティールという架空のボスをでっちあげ、彼の助手として事務所を建て直したところ、その試みは大当たり。しかし、ボスに会いたがる依頼人に困っていたローラの前に、架空のボスのはずのスティールと名乗る男(ピアース・ブロスナン)が現れ、事務所に居座ってしまうのであった。
 
 今観ると何とも”青臭い”ブロスナンのお姿!彼はこの作品出演中「007」のボンド役にオファーされるも断念したのは有名なお話。その後「スピーク・ラーク」で有名なたばこや化粧品のCMに出演、そしてボンド役が大当たり!私はスティールさんの頃にはまさかこんなに人気が出るなんて思ってもいなかったの。だって彼の唯一いただけないところが”受け口チュー”、ボンド役でも変わらぬそのチューを観て、彼には二枚目半の役の方が似合うのになぁと笑ってしまったわ。

 当時私は”古き良き”人生がスタートした頃。ローラ演じるステファニーの父親は私の大好きな「サンセット77」(1958)等TVで活躍したエフレム・ジンバリスト・jr。親子とも私立探偵のドラマ主演、そしてジンバリスト・jrもスティールの謎の師匠役で登場ともう感激してしまったわ。そして、もう1つの楽しみがスティールさんが事件解決の時引用するクラッシック映画の数々。吹替えの神谷明さんの軽妙な語りとともに、毎回その場面が来るのを楽しみに待ち構えていたの!しかもスティールさんのリビングには、「汚名」(1946)等のポスターが飾られていて、そんな演出も嬉しかったわ。

a0002405_2593236.jpg 2シーズンから登場したミルドレッド(通称ミルちゃん)役に「ヘイ・レイモンド」のドリス・ロバーツ、彼女のおばちゃまパワーで物語がいっそう面白くなったわ。 でも、ゴールデンタイムでの放送は確か2シーズンで終了。その後のシリーズは深夜枠に移り、吹替えもローラ役の岡江久美子さん、神谷さんも交代になり、観る事がなくなってしまい残念だったわ。だから、今もスティールさんの正体もわからぬまま。 

 前年から日本でも放送していた「こちらブルームーン探偵社」(1985米)はこの番組と同じ製作者とか。こちらも当時大好きで観ていたので、見比べてみるのも楽しいかもしれないわね。ちょっぴりお色気まじりで”受け口ダーリン”の大人の探偵物語、「彼は一体、何者なのか・・・?」じっくり観てみたいわ!
[PR]

by suama | 2004-09-23 03:01 | アメリカンTV